小ネタ集

高速電車

開業する前の準備として、車掌のアナウンスが検討されていたが、正式名称の「習志野都市高速鉄道」では長すぎるとして、「高速電車」とすることになった。これには「市民に迅速、安全な移動を提供する」という願いを込め、名称の一部である「高速」を使用したという。

これがいつの間にか習志野都市高速鉄道の愛称として定着し、習志野市民の中で「高速」と呼ばれるようになった。

なお、高速道路の方については、高速道路の路線数が少ないこともあり名称で呼ばれることが多い。例えば京葉道路は「京葉道」、東関東自動車道は「東関道」と呼ばれる。

駅そば「インター」

習志野都市高速鉄道内の駅そばの店名であり、津田沼、大久保等に店舗を構えている。中でも独特なメニューが一部の利用者に好評である。

メニューを挙げると、
  • 習志野市名物の習志野ソーセージが入った「習志野ソーセージそば」
  • 千葉県内を中心に流通しているマッスグコーヒーをつゆとした「マッスグコーヒーそば」
  • トッピングの練り物に某準大手私鉄の車両が描かれた「たぬきそば」
  • 大分県に本社を構えるファミレスチェーン店とのコラボで作られた「ツインハンバーグそば」(別途豚汁の注文も可能)
など、多種多彩なメニューがあなたを出迎えてくれる。

温泉

習志野都市高速鉄道沿線には、鷺沼温泉や谷津温泉がある。

その中の谷津温泉は谷津8丁目2-784に存在し、習志野都市高速鉄道の駅で言うと遊園住宅駅が最寄りである。

この谷津温泉であるが、なぜか風呂上がりにマッスグコーヒーを頼んでしまう人が後を絶たないという。

マッスグコーヒー

千葉県を中心に流通している独特なコーヒー飲料である。加糖練乳や砂糖などがコーヒーよりも多く入っており、また生クリームが入っていることから、若干お値段が高めなのが特徴。県内のお土産では目にする機会が多く、びわ加工食品(ゼリー、ジュース等)の次に多いと思われる。

  • 最終更新:2017-01-04 20:17:17

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード