暫定ダイヤ

このページについて

  • 車両数を決める際の参考として作成

1967年

A案

要点
  • 津田沼~東袖ヶ浦間(3.2キロ)開業
運行系統・所要時間
  • 津田沼~東袖ヶ浦・6分30秒
    • 折り返しを3分30秒として片道10分→20分サイクル(朝昼)
    • 折り返しを4分45秒として片道11分15秒→22分30秒サイクル(夕)
各系統毎の運用数
  • 朝(5分間隔):4運用
  • 昼(10分間隔):2運用
  • 夕(7分30秒間隔):3運用
  • 予備車:2本
  • 合計本数:6本
その他
  • 頻発運転としたいので朝夕はこれで良いが、日中の折り返し時間が短いのが気がかりなので、12分間隔とするのもアリか?

B案

要点
  • 基本はA案と同じだが、日中を12分間隔としたもの
運行系統・所要時間
  • 津田沼~東袖ヶ浦・6分30秒
    • 折り返しを3分30秒として片道10分→20分サイクル(朝)
    • 折り返しを5分30秒として片道12分→24分サイクル(昼)
    • 折り返しを4分45秒として片道11分15秒→22分30秒サイクル(夕)
各系統毎の運用数
  • 朝(5分間隔):4運用
  • 昼(12分間隔):2運用
  • 夕(7分30秒間隔):3運用
  • 予備車:2本
  • 合計本数:6本
その他
  • 特になし

1971年

要点
  • 津田沼~東習志野間(6.0キロ)開業
  • 全区間運転の系統と三山折り返しの系統をミックスしたもの

運行系統・所要時間
  • 東袖ヶ浦~津田沼~東習志野(9.2キロ)・18分30秒
    • 折り返しを6分30秒として片道25分→50分サイクル(朝)
    • 折り返しを11分30秒として片道30分→60分サイクル(昼)
    • 折り返しを4分として片道22分30秒→45分サイクル(夕)

  • 東袖ヶ浦~津田沼~三山(8.0キロ)・16分
    • 折り返しを4分として片道20分→40分サイクル(朝昼)
    • 折り返しを6分30秒として片道22分30秒→45分サイクル(夕)

各系統毎の運用数
  • 朝(9運用)
    • 東袖~東習(10分間隔):5運用
    • 東袖~三山(10分間隔):4運用
  • 昼(5運用)
    • 東袖~東習(20分間隔):3運用
    • 東袖~三山(20分間隔):2運用
  • 夕(6運用)
    • 東袖~東習(15分間隔):3運用
    • 東袖~三山(15分間隔):3運用
  • 予備車:2本
  • 合計本数:11本

その他
  • このあたりから系統が増えだすのがちょっと……

1976年

要点
  • 三山~北習志野間(3.0キロ)開業
  • 1971年ダイヤの内、三山折り返しが北習志野延長となり、本数も8分間隔に増発

運行系統・所要時間
  • 東袖ヶ浦~津田沼~東習志野(9.2キロ)・18分30秒
    • 折り返しを5分30秒として片道24分→48分サイクル(朝夕)
    • 折り返しを11分30秒として片道30分→60分サイクル(昼)

  • 東袖ヶ浦~津田沼~北習志野(11.0キロ)・22分
    • 折り返しを2分として片道24分→48分サイクル(朝夕)
    • 折り返しを8分として片道30分→60分サイクル(昼)

各系統毎の運用数
  • 朝(12運用)
    • 東袖~東習(8分間隔):6運用
    • 東袖~北習(8分間隔):6運用
  • 昼(9運用)
    • 東袖~東習(20分間隔):3運用
    • 東袖~北習(20分間隔):3運用
  • 夕(9運用)
    • 東袖~東習(16分間隔):3運用
    • 東袖~北習(16分間隔):3運用
  • 予備車:2本
  • 合計本数:14本

その他
  • この時点までは2両編成固定運用が基本
  • 1000形のページから各形式の各年毎の改造本数を抜粋
    • 1975年には750形2両編成3本、1000形2両編成4本
    • 1976年には750形2両編成3本、1000形2両編成4本
    • 1977年には750形2両編成3本、1000形2両編成3本
    • 1978年には750形2両編成1本、600形2両編成6本
  • データだけで読む気をなくさせるのはちょっと……。
  • 要は750形と600形の改造本数が純増分になります。
    • なので1976年に+3本、1977年に+3本、1978年に+7本

1979年

要点
  • 大久保~東袖ヶ浦間(4.2キロ)開業したことで環状線が完成し、環状運転を開始
  • またこれまで津田沼に乗り入れていた北習志野発着電車だが、環状線内の線路容量が逼迫し、また通し運行にする必要性は低いとと判断され、大久保止まりとなった

運行系統・所要時間
  • 環状運行(10.4キロ)・所要時間20~24分
    • 環状運転のため折り返し等はなし
    • 8分間隔時は1周24分、20分間隔時は1周20分となる
    • つまるところ運行間隔の倍数が所要時間なのです

  • 区間運転・東袖ヶ浦~津田沼~東習志野(9.2キロ)・所要時間18分30秒
    • 折り返しを5分30秒として片道24分→48分サイクル(朝夕)
    • 折り返しを11分30秒として片道30分→60分サイクル(昼)

  • 区間運転・大久保~北習志野(4.8キロ)・所要時間9分30秒
    • 折り返しを2分30秒として片道12分→24分サイクル(朝夕)
    • 折り返しを10分30秒として片道20分→40分サイクル(昼)

各系統毎の運用数
  • 朝(24運用)
    • 環状運行(8分間隔):6運用
    • 東袖~東習(8分間隔):6運用
    • 大久保~北習(8分間隔):3運用
    • 増結運用:9運用(環状運行6運用と東袖発着3運用に連結)
  • 昼(13運用)
    • 環状運行(20分間隔):2運用
    • 東袖~東習(20分間隔):3運用
    • 大久保~北習(20分間隔):3運用
    • 増結運用:5運用(環状運行2運用と東袖発着3運用に連結)
  • 夕(18運用)
    • 環状運行(12分間隔):4運用
    • 東袖~東習(12分間隔):4運用
    • 大久保~北習(12分間隔):2運用
    • 増結運用:8運用(環状運行4運用と東袖発着4運用に連結)
  • 予備車:3本
  • 合計本数:27本

その他
  • 1000形11本、750形10本、600形6本(いずれも2両編成)となったことで、かなりの大所帯に
  • 予備車をいくつかにするかが難しいところですが、現在の新京成が26本で予備車3本だったと思うので、このあたりなのかしら
    • とはいえ現在の検査体制での話なので、当時だとどうだったのか
  • ところで今気付いたんですけど、習志野環状線が環状運転する前の路線名称ってどうなるんでしょ? まあ順当に習志野線なんでしょうが、うーむ……。

1981年

要点
  • 谷津線遊園住宅~津田沼間(2.0キロ)が開業
  • 環状線等、谷津線以外の系統は変更なし(1979年のものを参照)

運行系統・所要時間
  • 遊園住宅~津田沼・4分
    • 折り返しを6分として片道10分→往復20分(朝昼)
    • 折り返しを2分として片道6分→往復12分(夕)

各系統毎の運用数
  • 朝(26運用)
    • 谷津線(10分間隔):2運用
    • 環状線その他:24運用
  • 昼(14運用)
    • 谷津線(20分間隔):1運用
    • 環状線その他:13運用
  • 夕(19運用)
    • 谷津線(12分間隔):1運用
    • 環状線その他:18運用
  • 予備車:4~5本(環状線その他に3本、谷津線に1~2本?)
  • 合計本数:30~31本?

その他
  • 開業当時の谷津線は、その他の路線と線路がつながっていなかったため、谷津線に配置された車両は事実上の専用車となった
  • 谷津線に配置されたのは、新京成から譲り受けた100形4両(1979年廃車)。これらの車両が単車であったことを生かして1両編成で運行
    • でもそうすると、2運用(2両)+予備1両の3両でもいいのかな……とも思うのね
    • まあ1両だけウィンドシル・ヘッダー付っぽい(他3両はノーシル・ノーヘッダー)ので、部品取りでいいのかもね……
  • 京成からの転移などで乗車率が高くなったことから、2両編成に増結を実施?
    • その原資は510形の入線で補うことにして
  • 一応単線にも複線にも対応

  • 最終更新:2017-01-03 11:44:29

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード