東金電気鉄道

路線

現有路線

  • 千葉東金線:千葉~東金
※軌間1435mm、架線電圧1500V

廃止路線

  • 東金~成東(1944年)
  • 総州山田~八街(1944年)
  • 九十九里線:東金~片貝(2004年)
    • 総州急行へ移管

年表

  • 1923年
    • 本町(千葉)~東金間開業
  • 19??年
    • 東金~成東、山田~八街間開業
  • 1944年
    • 社名を東金電気軌道から東金電気鉄道に変更
    • 京成が東金電気鉄道を傘下に、また東金電気鉄道が九十九里鉄道を傘下に
    • 東金~成東間が不要不急線に指定され廃止、また以前より採算の取れなかった山田~八街間を廃止
    • これらの路線廃止による余剰車両を京成に譲渡(→京成50形)
  • 1960年代
    • 内陸を経由し都心に至る「都心直結線」を計画(東京方面~四街道~東金間に路線を建設する計画で、のちに総州急行線として開業)
  • 1975年頃
    • 京成の経営状況悪化から同社との資本関係が薄くなる。また、この頃から京急との関係が深くなる
  • 1981年
    • 千葉駅付近を地下線化し、国鉄千葉駅前まで延伸
  • 1985~1993年
    • プラザ合意を境に鉄道事業以外への投資が活発化
  • 1990年代後半
    • バブル崩壊後、経営状況が悪化。ほぼ高架線ができていた「都心直結線」を放棄する状況に
  • 2001年
  • 2004年
    • 総州急行が開業。
    • 九十九里線が総州急行線に移管

  • 最終更新:2017-09-04 06:32:01

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード