車両動向

1967~1974年

入籍 除籍 在籍
1967年 50・20形2連8本 なし 50・20形2連8本
1971年 1000形2連3本 なし 50・20形2連8本
      1000形2連3本
1972年 1000形2連4本 なし 50・20形4連4本 (2連8本)
      1000形2連7本
1973年 1000形2連4本 50・20形14両 1000形2連11本
      50形2連1本(教習車)
1974年 なし なし 1000形2連11本
      50形2連1本(教習車)

記事
  • 1967年の開業時に50・20形が入線
  • 1971年から1973年にかけて1000形が入線し、50・20形14両を置き換え
  • 置き換えられた50・20形14両の内、13両は京埼急行電鉄に譲渡、1両は機械扱い(車籍なし)で残存
  • また50形2両は教習用車両として残存

1975~1980年

入籍 除籍 在籍
1975年 750・2250形2連3本 なし 750・2250形2連3本
      1000形2連11本
      50形2連1本(教習車)
1976年 750・2250形2連3本 なし 750・2250形2連11本
      1000形2連11本
      50形2連1本(教習車)
1977年 750・2250形2連3本 なし 750・2250形2連9本
      1000形2連11本
      50形2連1本(教習車)
1978年 600・2600形2連6本 なし 600・2600形2連6本
  750・2250形2連1本   750・2250形2連10本
      1000形2連11本
      50形2連1本(教習車)
1979年 なし なし 600・2600形2連6本
      750・2250形2連10本
      1000形2連11本
      50形2連1本(教習車)

記事

1981~1983年

入籍 除籍 在籍
1981年 100形3両 なし 100形単行3両
      600・2600形2連6本
      750・2250形2連10本
      1000形2連11本
      50形2連1本(教習車)
1982年 500・2500形4連3本 なし 500・2500形4連3本
  750・2250形2連1本   100形単行3両
      600・2600形2連6本
      750・2250形2連11本
      1000形2連11本
      50形2連1本(教習車)
1983年 100形1両 なし 500・2500形4連3本
      100形単行4両
      600・2600形2連6本
      750・2250形2連11本
      1000形2連11本
      50形2連1本(教習車)

記事
  • 谷津線開業による分(100形)と環状線系統4両化による分(500・2500形)の車両を京成電鉄から購入している
  • この他、1983年から1000形と750・2250形を対象に、冷房化改造が行われている

1984~1989年

入籍 除籍 在籍
1984年 2700形3連1本 なし 2700形3連1本
      500・2500形4連3本
      100形単行4両
      600・2600形2連6本
      750・2250形2連11本
      1000形2連11本
      50形2連1本(教習車)
1985年 2700形3連7本 なし 2700形3連8本
      500・2500形4連3本
      100形単行4両
      600・2600形2連6本
      750・2250形2連11本
      1000形2連11本
      50形2連1本(教習車)
1986年 1600形4連3本 500・2500形2連6本 2700形3連7本
  2000形4連1本 600・2600形2連4本 2700形+100形4連1本
    100形3両 2000形4連1本
      1600形4連3本
      600・2600形4連1本
      750・2250形4連5本
      1000形4連5本
      750+1000形4連1本
      50形2連1本(教習車)
1989年     2700形3連7本
      2700形+100形4連1本
      2000形4連1本
      1600形4連3本
      600・2600形4連1本
      750・2250形4連5本
      1000形4連5本
      750+1000形4連1本
      50形2連1本(教習車)
記事
  • 1984年に先行量産車となる2700形3連1本が新造、翌年には量産車7本が新造された。
  • 1986年には2700形が運行を開始した他、京急600形を購入し、1600形として運行を開始した。これにより、500・2500形は全廃となった。
    • 更に2000形の導入や2700形の予備車見直しによる環状系統転用(2700形3連1本は100形と編成を組み4連となった)により、600・2600形は4連2本が置き換えられた。

1990~1993年

入籍 除籍 在籍
1990年 2000形4連1本   2700形3連7本
  200形2両   2700形+100形4連1本
      2000形4連2本
      1600形4連3本
      600・2600形4連1本(非冷房)
      750・2250形4連5本
      1000形4連5本
      750+1000形4連1本(保留車)
      200形2両
      50形2連1本(教習車)
1991年 5000形4連7本 600・2600形4連1本 5000形4連7本
  2000形4連1本   2700形3連7本
      2700形+100形4連1本
      2000形4連3本
      1600形4連3本
      750・2250形4連5本
      1000形4連5本
      1000形+200形3連1本(非冷房車)
      750・2250形+200形3連1本(非冷房車)
      50形2連1本(教習車)
1992年 5000形4連3本   5000形4連10本
      2700形3連7本
      2700形+100形4連1本
      2000形4連3本
      1600形4連3本
      750・2250形4連5本
      1000形4連5本
      1000形+200形3連1本(非冷房車)
      750・2250形+200形3連1本(非冷房車)
      50形2連1本(教習車)
1993年     5000形4連10本
      2700形3連7本
      2700形+100形4連1本
      2000形4連3本
      1600形4連3本
      750・2250形4連5本
      1000形4連5本
      1000形2連1本(非冷房車)
      200形2連1本(非冷房車)
      750・2250形2連1本(非冷房車)
      50形2連1本(教習車)

記事
  • 1990~1991年に2000形4連2本が導入された。これにより1990年に750形+1000形1本を、1991年に600・2600形1本を置き換えた(前者は保留車となり、1991年に新都心湾岸線に転用)
  • また1991~1992年は二宮線の延伸及び既存の路線の増発で、5000形を4連10本導入した。この数を短期間に導入するのは、5000形が初のケースとなった。

1994~1997年

入籍 除籍 在籍
1994年 3050形4連2本   3050形4連2本
  2000形4連2本   5000形4連10本
  2720形4連1本   2700形3連7本
      2720形4連1本
      2700形+100形4連1本
      2000形4連5本
      1600形4連3本
      750・2250形4連5本
      1000形4連3本
      1000形4連2本(保留車)
      1000形2連1本(非冷房車)
      200形2連1本(非冷房車)
      750・2250形2連1本(非冷房車/保留車)
      50形2連1本(教習車)
1995年 3050形4連2本 100形1両 3050形4連4本
  2700形バラ8両   5000形4連10本
      2700形4連8本
      2720形4連1本
      2000形4連5本
      1600形4連3本
      750・2250形4連5本
      1000形4連3本
      1000形4連2本(保留車)
      1000形2連1本(非冷房車)
      200形2連1本(非冷房車)
      750・2250形2連1本(非冷房車/保留車)
      50形2連1本(教習車)
1996年 3100形4連4本 1000形バラ6両 3100形4連4本
  2720形4連1本 750・2250形2連1本 3050形4連4本
    200形2連1本 5000形4連10本
    50・20形2連1本 2700形4連8本
      2720形4連2本
      2000形4連5本
      1600形4連3本
      750・2250形4連5本
      1000形4連3本
      1000形2連2本
1998年     3100形4連4本
      3050形4連4本
      5000形4連10本
      2700形4連8本
      2720形4連2本
      2000形4連5本
      1600形4連3本
      750・2250形4連5本
      1000形4連3本
      1000形2連2本

記事
  • 1994年に2000形を4連2本導入したことで、1000形4連2本が保留車となった。
    • 丸1年の保留車状態を経て、1000形の3M1T化や新都心湾岸線車(2連)の冷房化に充てられることになる。
  • 1996年までに中古車では3050形4連4本と3100形4連4本が、新車では2700形4連2本と中間車8両を導入しているが、これは輸送力増強用である。
  • また1996年には路線建設が一段落したことで、教習用に使われていた50・20形が廃車となった。

1999年~2002年

入籍 除籍 在籍
1999年 2720形2連2本   3100形4連4本
      3050形4連4本
      5000形4連10本
      2700形4連8本
      2720形4連2本
      2720形2連2本
      2000形4連5本
      1600形4連3本
      750・2250形4連5本
      1000形4連3本
      1000形2連2本
2000年 3150形2連6本   3150形2連6本
  2720形2連2本   3100形4連4本
      3050形4連4本
      5000形4連10本
      2700形4連8本
      2720形4連4本
      2720形2連2本
      2000形4連5本
      1600形4連3本
      750・2250形4連5本
      1000形4連3本
      1000形2連2本
2002年     3150形2連6本
      3100形4連4本
      3050形4連4本
      5000形4連10本
      2700形4連8本
      2720形4連4本
      2720形2連2本
      2000形4連5本
      1600形4連3本
      750・2250形4連5本
      1000形4連3本
      1000形2連2本

記事
  • 2000年に湾岸系統の6両化を行うため、2720形2連4本と3150形2連6本を導入した(なお便宜上2連としているが、実際には先頭車化改造は行っておらず、Mc+MやM+Mcのようなユニット単位で使用されていた。当然2連単独といった運用はなかった)。
    • 4連3本の内、2本は北総にリースされていた車両で、1本は京成で余剰廃車となったもの(元開運号)である。
    • 3150形運行にあたっては、2700形が3150形と併結できないため、3050形や3100形を必要数湾岸系統に充当して3150形を3050・3100形に連結した他、他形式と併結可能な2720形を充当することも行った。

2003年~ (準備中)

2003年 3150形4連?本    
      3150形2連6本
      3100形4連4本
      3050形4連4本
      5000形4連10本
      2700形4連8本
      2720形4連4本
      2720形2連2本
      2000形4連5本
      1600形4連3本
      750・2250形4連5本
      1000形4連3本
      1000形2連2本

記事
  • 2003年には豊富線延伸に伴い、3150形が導入された。

  • 最終更新:2017-07-10 13:42:49

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード