運用

1967年

運行系統・所要時間
  • 津田沼~東袖ヶ浦・6分30秒
    • 折り返しを3分30秒として片道10分→20分サイクル(朝)
    • 折り返しを5分30秒として片道12分→24分サイクル(昼)
    • 折り返しを4分45秒として片道11分15秒→22分30秒サイクル(夕)

各系統毎の運用数
  • 朝(5分間隔):4運用
  • 昼(12分間隔):2運用
  • 夕(7分30秒間隔):3運用
  • 予備車:2本
  • 所要本数:6本

車両

1979年

運行系統・所要時間
  • 環状運行(10.4キロ)・所要時間20~24分
    • 8分間隔時は1周24分、20分間隔時は1周20分となる

  • 区間運転・東袖ヶ浦~津田沼~東習志野(9.2キロ)・所要時間18分30秒
    • 折り返しを5分30秒として片道24分→48分サイクル(朝夕)
    • 折り返しを11分30秒として片道30分→60分サイクル(昼)

  • 区間運転・大久保~北習志野(4.8キロ)・所要時間9分30秒
    • 折り返しを2分30秒として片道12分→24分サイクル(朝夕)
    • 折り返しを10分30秒として片道20分→40分サイクル(昼)

各系統毎の運用数
  • 朝(24運用)
    • 環状運行(8分間隔):6運用
    • 東袖~東習(8分間隔):6運用
    • 大久保~北習(8分間隔):3運用
    • 増結運用:9運用(環状運行6運用と東袖発着3運用に連結)
  • 昼(13運用)
    • 環状運行(20分間隔):2運用
    • 東袖~東習(20分間隔):3運用
    • 大久保~北習(20分間隔):3運用
    • 増結運用:5運用(環状運行2運用と東袖発着3運用に連結)
  • 夕(18運用)
    • 環状運行(12分間隔):4運用
    • 東袖~東習(12分間隔):4運用
    • 大久保~北習(12分間隔):2運用
    • 増結運用:8運用(環状運行4運用と東袖発着4運用に連結)
  • 予備車:3本
  • 所要本数:27本

車両

  • 最終更新:2017-03-27 20:36:20

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード